【ものづくりマイスター】  次の3つすべてに該当する高度な技能を有する方を募集します。

  1. 技能検定の特級・1級・単一等級の技能士及び同等の技能を有する方、技能五輪全国大会の成績優秀者(銅賞まで)のいずれかに該当する方
  2. 実務経験が15年以上ある方
  3. 技能の継承や後継者の育成に意欲を持って活動する意思及び能力がある方


【ITマスター】  次の3つすべてに該当する高度な技能を有する方を募集します。

  1. 入職からの実務経験が通算7年以上(情報技術に係る修士課程を修了している場合には実務経験5年以上で可)
  2. 以下の情報技術関連の資格のいずれかを有する者  

    ア 情報処理技術者試験応用情報技術者試験合格者

    イ 技能検定(ウェブデザイン)1級

    ウ 上記ア、イに相当する資格を有する者(ITSS(※)のスキル習熟度レベル3~4に相当すること。)   

    ※ITスキル標準

    経済産業省が定めている個人のIT関連能力を職種や専門分野ごとに明確化・体系化しIT人材に求めら れるスキルやキャリア(職業)を示した指標。

  3. 技能の継承や後継者の育成に意欲を持って活動する意思及び能力がある方

次の2つの要件を満たしていることを申請資格とします。
  1. 応募時に、企業等に所属している方は代表者又は所属長の、それ以外の方は第三者(いずれも二親等以内の親族関係にある者及び個人名のみの推薦を除く。)から、ものづくりマイスターとしてふさわしい者として推薦を受けられる方。
  2. 認定を受けた場合、プロフィール・指導内容等の公表が可能であること。



指定の申請用紙に必要事項を記入して、当協会技能振興コーナーに提出してください。申請用紙は、当協会ホームページからダウンロードできます。

※申請締切りは4月末、6月末、8月末、10月末、12月末

 

【ものづくりマイスター認定状況 全国版】

    

【ものづくりマイスター認定状況 石川版】