1 「ものづくりマイスター等の活用」事業

技能競技大会の競技課題等を活用しながら、広く若年技能者への実技指導を行い、効果的な技能の継承や後継者の育成を行う。

  1. 若年技術者の人材育成に係る相談・援助
  2. ものづくりマイスター及びITマスターの派遣による実技指導の実施
  3. 小中学校の児童・生徒等に対する「ものづくりの魅力」・「ITの魅力」発信の実施
       【目指せマイスター」プロジェクト】
        ・出前ものづくり講座
        ・ものづくりマイスターが働く事業所見学
        ・ものづくりマイスターの働く職場での職場体験実習
  4. 「ものづくりマイスター」制度の紹介はこちらから
  5. 「ITマスター」制度の紹介はこちらから
     

2 「技能五輪全国大会への支援」事業

技能五輪全国大会の参加の援助を行うなど、中小企業等の参加を促進する。

  1. 技能五輪全国大会の予選の実施
  2. 技能五輪全国大会の参加旅費及び工具等の運搬費を援助

3 「地域における技能振興」事業

技能士のスキルアップを図るとともに、技能士を活用した意識啓発事業を行うことにより、地域関係者の創意工夫による技能尊重気運の醸成を図る。

≪実施例≫

     
  1. 「地域発!いいもの」応援事業の実施
  2. 技能伝承等をテーマとしたシンポジウムの開催
  3. ものづくりの魅力、技能者の持つ技能を伝えるためのイベントの実施
  4. 熟練技能者の製作実演等の開催
  5. 熟練技能者等によるものづくり体験教室の実施
  6. 学校関係と産業界へ熟練技能者等を派遣

4 「行政、経済団体等との連携会議」の開催

効果的に事業を進める観点から、国、県、教育訓練機関及び経済団体等、地域関係者による連携会議を設置し、推進計画(実施計画)を策定の上、地域関係者が連携・協力の下に事業展開を図る。